HOME協会概要協会々員活動内容構 成 図適用範囲施工事例施工実績お問合せ

標準推進延長

大中口径アルティミット工法


 超長距離推進で延長が制限される要素にビットの摩耗限界長があります。
 アルティミット工法では、泥水式工法と土圧式工法に区分され下表の距離を標準とします。
 これを超える場合はビット交換用立坑の検討などが必要となります。
 下表範囲内でも、管経、礫経、一軸圧縮強度により検討が必要です。

カッタービット標準交換距離(参考)

単位:m
土質 土圧方式 泥水方式
A土質普通土シルト粘土

礫混り土
1,000〜2,000 1,000〜2,000
B土質礫混土砂礫土 200〜800 200〜800
C土質巨礫土粗石混
砂礫土
200〜800
D土質硬質土硬質粘性土 200〜800 200〜800