呼び径1200mmの泥水推進による 大洲付近管路工事

発注者 東京電力(株)
工事件名 大洲付近管路工事
工事概要 φ1200mmの泥水推進で東京電力管路を布設しました。布設管路上に工業用水等の既設埋設物があり、発進立坑にはステーション工法を採用しました。 また、φ4000mmの雨水管路が布設途中にあり、1mの離隔を取る条件を守るため、縦断曲線を余儀なくされました。
  • 推進延長:L=681m 1スパン
  • 土 被 り:6m〜20m
  • 土  質:砂・砂質シルト
  • 曲 線 部:水平 R=300m・200m・30m
  • 縦断 R=300m(5.0%下り・7.1%上り)
使用システム アルテイミット滑材充填システム
自動測量システム
液圧差レベル計測システム
センプラカーブシステム
特殊拡幅リング
ステーションシステム
現場写真1 現場写真2 現場写真3
使用装置 テールボイド測定装置
モールキャッチャー装置
特殊中押し装置(L=800mm)
平面図/断面図