HOME協会概要協会々員活動内容構 成 図適用範囲施工事例施工実績お問合せ

ULIS(アルティミット滑材充填システム)

滑材注入の目的は、地山と管の外周面摩擦抵抗を減じるとともに管周面地盤のゆるみ防止を目的とします。
ULISには次二つの方式があります。

1.自動滑材充填方式
一次二次注入とも一系統配管で適宜注入量を設定して、推進管の進行に合わせて自動的に順次注入する方式。
2.自動滑材注入方式
二系統配管で一次は管と地山の間隙分を注入、二次は注入上限圧力と注入時間を設定し自動的に注入する方式。
一次注入量(標準注入量・m3
1={(B+0.04)2×π/4−B2×π/4}×L
二次注入量(標準注入量・m3
2={Q1(L−50)/50/2)×20%=0.002Q1(L-50)
:推進管外径(m)  L:推進延長(m)
ULIS(自動滑材充填方式 概要図)
ULIS(自動滑材充填方式 概要図)
ULIS(自動滑材注入方式 概要図)
ULIS(自動滑材注入方式 概要図)

推進用滑材

アルティーK [主な特長]

長距離推進用に開発された高粘性滑材。
全地盤に対応し、経時変化が少ないため、テールボイドが維持され大幅な推力低減が得られます。

アルティ−K1.全土質で管周面摩擦抵抗の低減効果が大きい
管と土とのせん断抵抗を著しく低減できる
2.水溶性が小さい
水のあるところでも溶出せず、テールボイドに残る
3.保水性が大きい
水のないところでも滑材内の水分が逃げず、性能を発揮する
4.高粘性で経時変化が少ない
長距離の場合でも周面地山保持などの性能を長期間維持する
5.耐塩性が大きい
水溶性と相まって塩分のある土質でも性能を相当程度維持する
6.取り扱いやすい
200リットル当たり1.2kgで、運搬し易く、撹拌時間も短い